カレンダー
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

postheadericon 人材戦略

企業が日々厳しい競争環境下で戦っていく上で、必要なものがあります。
それは、適切な場所に適切な人材がいることです。

企業とは、結局は人の集合体なので、人材育成、人材獲得、人材確保がとても重要になっていきます。
企業には、誰にでもできる作業的な業務と、アウトソーシングでも可能な業務とに分かれています。
特に、企業内で内勤業務が主業務である経理は、経理代行をタイミングよく使うことで、人材コストを下げることができます。
もっとも最近では、経理代行を会社の経理部全体で使う企業も多いようです。経理業務をアウトソーシングすれば、すべての人的リソースを稼ぐ力に集中することができるからです。

経理代行は、人材の確保につながるものですが、コアな業務を担う優秀な人材を確保するには別の施策が必要になります。
別の施策とは、福利厚生と社宅です。福利厚生は、現在では色んな民間企業からメニューを選択できるようになりました。
福利厚生とは、給与とは別に社員に対して行う施策です。社会保険は勿論、福利厚生メニューによってはトレーニングジムの利用を割引にしたりと色々なものがあります。
また、社宅については、社員の住居の問題なので、この問題がクリアにならなければ、そもそも働くモチベーションにはつながりません。
社宅は、一見企業にとってコストに見えますが、長期間優秀な人材を手許に置いておくためには必要なものです。

企業の人材戦略を考えるのなら、経理代行と福利厚生、社宅は賢く運用しなくてはなりません。

OUT LINK

社宅管理代行のことならNTTビジネスアソシエまで情報を取得しよう
環境を良くする福利厚生代行といえば「株式会社JTBベネフィット」